上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.31
今日は久しぶりにドッグランに行きました


20070531185317.jpg


旦那は新しく買ったデジカメ(という名のおもちゃ)の

性能を確かめる為

ハナを激写しまくってました


20070531185734.jpg



20070531190218.jpg



20070531190443.jpg



20070531190716.jpg


平日の真昼ということもあって

ワンコはいませんでしたが

楽しくあそべました

ハナさんは今疲れて寝てます
スポンサーサイト
2007.05.28 憲兵か
つわり以降

ここまで横ばいだった体重が

なぜか上り調子

前日比プラス1キロという恐ろしいことになってます




原因はわかってます




妊娠してからというもの

あれを食べてはイカンこれを食べてはイカンと

旦那の監視が厳しいため(そのため一時期さ湯を飲まされていた)

旦那が夜勤だとか実家に帰った隙に

こっそり食べているからです

しかも

「やぁ~るなぁ~らい~ましぃ~かねぇ~(田中邦衛風)」と思うと

腹がはちきれんばかりに食ってしまうのです



いかんよ 

これはいかんよ



ということで

ハナさんの散歩の時間をまた長くすることに

雨がふったり暑かったり

気がついたら夜だったりで

最近はロングな散歩はできていなかったのです


ということで散歩にいきました

汗をかきました

ハナさんは途中で散歩自体に飽きて

綱にじゃれはじめてうっとおしいことになってました



ああお腹がすいたわいと帰宅





茹でキャベツとシーチキンのピリ辛和え

野菜と鶏肉のココナッツミルク煮カレー風味

きのことブロッコリーのホイル焼き

が今日の献立だったのですが


ノンオイリーとはいえ

盛り食いしてしまいました


ドゥンガゴメンよ

お母さんは食べている時が一番幸せなんだよ

お父さんはお母さんの摂取するものに関して

憲兵か くらいの厳しさがあるとは思わないかい

だのにそんな私の前でポテトチップスとか食べるんだよ

ひどいと思わないかい
旦那が

カラープリンタと一眼レフのデジカメがほしいと

言いはじめました



延髄に入るドロップキックを習得したいのですが

妊婦のためできません



一応欲しい理由を聞いてみたのですが

「子供が生まれるから」と

自分が欲しいだけなのに子供に乗っかるのも許せません



今彼は電気屋さんをはしごして

価格を見極める旅に出ています


そのまま日本一周くらい

してこればいいのに



今のデジカメで何がいけないのかと聞くと

「テブレするもん」と



ビバ手ブレ!!!ですよ!!

ビバ臨場感ですよ!!!



家にはプリンタ(たぶんカラー)もあります

(かなり古いが)

使わないこと山の如しは目に見えています



っていうか

浪費するたび

毎回思うのだけれど

我が家のどこにそんな金があるのか?

徳川埋蔵金発見?


子供が生まれるというなら貯金

が真っ当な考え方なのではないでしょうか


とかいいつつ

土産に甘いもの買ってこなかったら怒り狂いますけど




最近のハナさんはソファーの隅が気に入っているようです

DSCN0732.jpg


DSCN0740.jpg


膝の上に乗ってきたりしますが

腹とか関係なく体重をかけたりしてくるので

拒否すると

しばらく

「今めっちゃ膝の上乗りたいわ~」と周辺をウロウロします

そして私が頑固に無視アンド拒否していると

ソファーに登り寝ます


手術直後は大人しかったハナさんですが

今は(迷惑なくらい)元気です

元に戻っただけなのですが


しかしあと5日後

恐怖のの抜糸があります

いかなる方法を使ってハナさんの腹を抜糸するのか

期待と恐怖です
2007.05.21 5ヶ月検診
検診に行ってきました


助産院は生まれたての子が何かの集まりで来ていて

何故か皆さん号泣

途中で来たどなたかのお父さんが

「何が起こったんだ・・・?」

と立ち尽くしてました


そんな中検診しました

初めてお腹の超音波越しに子供を見ました

こちらに手招きしたり

「ビクッ」としていたりしていました


ドゥンガの体重は200グラムくらいで

同じ重さの模型の赤子を見せてくれました

今んとこ順調に成長しているみたいです


自分の中に赤子がいることが

少しリアルになりました


今度検診に行くときまでには(約1ヶ月後)

腹の中で動いているのが実感できるそうです


その後

近所の子供用品専用のリサイクルショップへ


もしよければベビー用品でいいのがあれば

なんて思いで行ってみたのですが

やはり結構使い古されていました

あんまりにもひどいのもあって

「これを売ろうとする心意気が凄い」

と夫婦で関心してました



おもちゃのリサイクル品の中には

お祭りの夜店で売っているお面や

ホラーさながらの使いこまれた人形もあって

「買い取る時に何か出来たのでは?」

と思えるものもチラホラありました




結果は


ベビーベッドは丈夫で傷も少なく使えそうなので

購入してもいいかなと思いましたが

あとは新品を買ってあげたいなぁと思いました


とりあえず

情報収集はできました



子供の動く姿にちょっと感動しました

命はすごいです


今日は結婚式の二次会に行ってきました


だいぶん疎遠だった友達に会いました


知らぬ間に妊娠や出産している友人がいたりして

時代は動いているのだなぁと感じました



昼間とはいえ

土日の人混みはすごい


上下ケミカルウォッシュ男の人が

5歳児くらいのデカさのミッキーマウスを抱き

人混みをかき分けて行きました



それを何の違和感もなく受け入れてた人々



ということで

「彼は妖精」に決定



「80年代を忘れないで妖精」に決定



旦那のお土産にデパ地下で手羽先と抹茶ゼリーを買い

帰宅し食す



その後胃もたれ

手羽先と抹茶ゼリーは食べあわせが悪いのか



明日は一ヶ月ぶり検診

ドゥンガよ超音波越しに拝見させて頂くよ

ただただ元気でいてください
今日

ハナさんの避妊手術をしてきました





自分は子供作っておきながら

ハナにはしっかり避妊させるという矛盾(?)

も無きにしも非ずですが


かといって

ハナがいざ妊娠したときに

困るのは目に見えているので

二回目の生理が来る前に

(本当は3~4月中にやる予定だったけど、つわりのため延期に)

やってしまおうということに



うちの周りはヤンキーと地主(土地成金)だらけですが

スーパーは周りに3軒あるし(徒歩圏内)

ホームセンターもあり

何が一番うれしいかって

動物病院が近い


ということで

嵐の合間を縫ってつれていきました



ハナさんは

基本犬と人間が好きです


人間はみんないい人だと思っているみたいです


というわけで獣医さんやその周りの方々も大好きです

いつも「何?何?何くれるの?」と

尻尾を振っている間に注射が終わります


なのに

今日はただならぬ何かを感じたのか

診察台に乗り

獣医さんを見たとたんに脱走体勢に入ってました

大人3人がかりでなだめ(押さえ)

鎮静剤を打ってもらい預けました



預ける時はとても不安そうで

好奇心の塊だと思っていたのですが

いつもと違うことに

おびえていました


励まそうとゲージを覗こうとしましたが

余計に不安が増すだろうと思いやめました



たった6時間だけど

ハナがいない家はやっぱり寂しくて

しかもハナにとっては恐怖以外の何者でもないことを

無理やりさせてしまっていることに

罪悪感がありました



夕方5時に

ハナを迎えにいきました


麻酔でまだ若干目が据わっていて

歩き方も千鳥足でした

それでも私の臭いをかいで尻尾をふってくれました


家に着くと

すぐにゲージに入り

「しばらく一人にしてください」

というオーラを出されたので

今はそっとしてます








ハナさんよく頑張ったね

痛い思いさせて本当にごめんね

よくなったら思い切り遊ぼうね

DSCN0614.jpg


DSCN0735.jpg

2007.05.16 そういえば
GWに

旦那の両親と旦那の兄と

旦那の実家の犬とハナと

総勢5人と2匹でBBQしにいきました


突如決まったにもかかわらず

何故か一番混む

5月3日の朝から三重県にいきました


私たちの車には私ら夫婦と犬2匹が乗っていました

その中には

小一時間落ち着かず鳴き狂う犬声と

たち込める獣臭

そして渋滞で機嫌の悪くなる旦那と

私の本調子でない体調


ちょっとしたカオスになってました



私たちの車が先導して行ったのですが

途中

どうしても頭を縦振り(ロックコンサートのように)したくなって

しかも運転している旦那に髪の毛が降りかかるように

激しく動かしていたら


光の速さで

後の車(旦那両親と兄乗車中)の旦那母から電話が


「大丈夫????気分悪いの???」


よっぽど奇怪な行動に見えたのでしょう



とかなんとかいいながら到着


bbq.jpg


bbq2.jpg



しかし到着後2時間も経たずして突然の雷雨

そそくさと退散し

その後は近くの日帰り温泉に行きました

妊婦は温泉に入らないほうがいいです

でも何かそんなこと言いづらいじゃん


入りました


しかも皆を待たせるほど長く

だって久しぶりの温泉気持ちよかったんだもん


帰宅後夕ごはんは両親と兄のおごりでお寿司でした


ああこれが非妊娠時だったら

めっさ食えるのに・・・


今は胃が小さくなったせいかあまり食べられないのです

許容量をこえるとリバースしてしまうのです


翌日はみんな疲れて昼まで寝てました


というGWでした

おととい旦那が

またまたまた

性懲りも無く

林業研修に行ってきました


今回は愛知県の津具村というところで研修みたいです


混ぜごはんの特大おにぎりを持たせて送り出しました


「神様、今回こそ挫折を味あわせてやってください」

という祈りをこめてにぎりました


と言う私の思いとは逆に

「(研修4回目にして)友達作って来るね!」

と元気よく出て行きました


初回の研修でも感じた

小学生の遠足気分

4回目にしてもまだ抱いてました



夕方

旦那から電話があり

「俺以外はみんな50代とか60代で・・・・・」

「とてもじゃないけど連絡先とか交換できない・・・」

と残念な声で報告がありました



旦那がいないということで

姉が泊まりにきました


仕事帰りに来たので

ごはん→風呂→就寝と流れるように進み

翌日はハナさんを洗いました

私がハナと格闘しているころ

旦那から「帰るコール」があったらしく

姉が対応してました



予定では姉は

旦那が帰ってくる前には帰らないといけない

のですが

旦那の

「おみやげあるよ」の一言にすっかりだまされ

(私は経験上絶対もらわないほうがいいと助言したのですが)

旦那の帰宅を待ってました



で土産は

・・・・大量の山菜(都会じゃ見られないでかさの蟻つき)のみ



蟻が死ぬほど嫌いな姉は

「もっちの言うとおりだった・・・」と急いで帰っていきました


それはもう限りなく

大量の草


私には無理!!ということで

旦那の実家に助けを求め調理してもらいました

天ぷら、おひたし、ゴマ和え・・・など

思ったより春の風味が美味でしたが


みんなの食べる配分が

山菜1に対し

昨日の残りのカレー3で進んでました


一晩置いたカレーはうまい!

やっぱ田舎じゃ暮らせない!

という教訓を得ました



旦那母からも

「もう山菜はいらないから」

とダメ押しの一言をいただきました




まだ7月にも9月にも研修があります

そのまま山に住んじゃえばいいのに
今日スーパーで

内田裕也にそっくりのおばあちゃんを見ました

久しぶりに二度見してしまいました



最近友人に

「昼間何やってるの?」

ときかれます



「暇すぎて死ぬんじゃない?」

的なニュアンスがいくらか混じっています



ええ暇ですとも

平均4時間の昼寝は必須です


だので

編み物を始めました


きっかけは

高校時代の友人A子さんが私と同時期に妊娠が発覚し

先日会合をした時

「編み物は暇がつぶれる」

と助言してくれたからです


とはいっても

私は編み物初心者です

女子は思春期頃一度は編み物の道を通るらしいのですが(当社調べ)

私はどこかで違う道に行ってしまったみたいで

実家の母に基本から教えてもらいました



母は鬼コーチでした


必死こいて編んだものを

「編み目がこまい」だの

「形が汚い」だの

「何かおかしい」だの言って

すぐにほどきます


しかも8割くらい見本として見せて

あとの2割やらせる

という

それって逆じゃね?という基本方針


1時間ぐらい放っておかれて

苦戦している私を見に来たと思ったら

「難しいだろ?な?難しいだろ?」

という掛け声をかけてきます


もう実家には頼らないと決め


自分でチマチマやっていくことにしました


作っているのは

赤子をくるむものです

モチーフ編みを60個くらい作ってつなげる予定です


今は30個を越えたところ


つなげる時はやり方がわからないので

また母に聞く予定

容赦なくほどかれたりしたらぶっ殺すと事前に伝えたのですが

難癖をつけられてほどかれそうな予感


レフェリーとして姉同席してもらいます



2007.05.06 事実上の
勝利宣言!!


子が出来てから

旦那の「木こり願望」は右肩上がりで

子が生まれると同時に木こり研修へ行く!!

とかいう妄想列車に乗り込まれました



何とかして旦那母と二人で説得し

とりあえず子が1歳になるまでは始動しない

という約束を取り付けたものの

アバアバ言うとる子を抱え

移住したりするのは相当に面倒臭いと考えられます


なんとなく

この2年程度の猶予期間で

あきらめてはくれないだろうかと

思っていました


しかしながら

障害のある恋ほど燃えるもので

彼はさらに一層やる気を出し始め

来週また林業研修に行きます


また

仕事を辞める手はずは着実に進めていて

猶予期間を作ったおかげで

妄想はより具体的になっていきました


ということで


最終手段として

私と子とハナは移住には付いて行かない

旦那一人で行って

生活の基盤が出来たら呼び寄せておくれ

行くか行かないかはその時決めるということを

言い出してみました



これに彼は相当動揺して



子との生活を取るか

木こりの生活を取るか迷い始めました





子の勝利



とりあえず

子供に手がかからなくなるまで(超曖昧だけど)

木こりのことはあきらめると言いました



私は心の中でロッキーばりのガッツポーズをしました

世界中の人とハイタッチしたかったです


交換条件として

私が出産後働くこと

林業の研修は機会があれば今後も行くこと

があげられました


わけのわからない生活に飛び込むリスクが減って

とりあえず二つ返事しました


安請け合いです


そして


私来週で妊娠5ヶ月に入ります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。