上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.30 生後4日目
生誕に関してのコメントありがとうございました
コメントの返しができなくてすみません

まだPCの前に座る気力もなく

携帯からの更新になってます

そして助産師さんから

産後の弱ってるときにメールなど携帯使用は喜ばしくない

とのことであるため

ひっそりこっそり携帯で更新してます

人並みに生活出来るようになったら

コメントのお返しや

我が子の写真も乗せていきたいとます

さて

4日が経ちました

毎日助産師さんが往診にきてくれて

沐浴してくれたり体重をはかってくれたりします
家事はほぼ旦那がしてくれます

ハナさんの世話もしてくれます

昨日朝までは乳がでなくて

四六時中泣くわ

乳首にかさぶたが出来るほどに吸うわ

初めてのことに

私たち夫婦はてんやわんやでした

昨日昼からは乳がでてくるようになり

たっぷり飲むと

3時間くらいぐっすり寝てくれます

穏やか寝顔は

どれたけ見ても飽きません

月並みな言葉ですが

天使の寝顔です

旦那が10日程休みをとってくれたので

とりあえずは家族だけで生活してます

旦那は本当によくやってくれます

ありがたいです

家族の歴史が少しずつはじまってます
スポンサーサイト
2007.10.27 ドゥンガ生誕
10月26日21時25分

3088グラム49センチの女の子を無事出産しました
名前は楓(かえで)です
旦那が切に願った女児でした(だから旦那が命名)
分娩時間は8時間で

旦那とその両親

私の母と姉

親友のEちゃんに見守られながらの自宅出産でした

我ながら安産だったと思います

腹にいるときはあまりのマイペースぶりに驚いたものでしたが

ちゃんとおっぱいにも吸い付いて飲んでくれたし
すでにうんこも二回しました

顔は完全に私に似てます


もちろん喜びでいっぱいですが

とっても不思議な気分というのが本当のところです

分娩の最後のほうまで破水しなくて

頭が見えた頃やっと破水したとき

とっても温かい水が太ももに流れて

やっとその場になって「命が出て来る!」という実感がありました。

旦那はずっとそばについてくれました

生まれた直後にたくさんのキスをしてくれました
私はヘタレなので

きっと一人では乗り越えられなかったと思います
旦那はもちろんみんなに何度ありがとうを言っても言い足りないです

今は親子三人で一緒のベッドに寝てます

娘の寝顔と旦那のイビキ
時折聞こえてくる

ハナさんの鼻息

今はそんな時間です

夜が明けたら歩いて

果てしない「お粥生活」が始まります

私の好きなものは全て禁止です

すべては良質な母乳のため

とはいえ

育児よりそっちで狂わないか心配です 
2007.10.26 その時が来た
陣痛きました

明け方から腰痛が腹部不快感に変わり

朝には陣痛になりました
朝早く診察してもらって
今日の晩か明日だそうです

さっきはおしるしがでてきました

それすらビデオに撮ろうと旦那がトイレに入ってきました

「こっからはプライベートなんで」と即席芸能人コントが出来るくらいの
余裕はまだあります

しかしまだ子宮口は全然開いてないので

今後この痛み以上のものに耐えられるのか心配です

まだ痛いけど動けるうちに

最後の晩餐として

叶えたかった夢

回ってない寿司を食べに行ってきます

おいしいとかわかる気がしないけど!

ドゥンガよ

母はこれでパワーチャージして頑張るから

頑張ろうな 
ここんとこなぜか朝は4時起きで

したがって夜も早く寝るのに

今日なんかほとんど寝てないのに

2時間で目が覚めました

もはやどんな体勢でも右腰が痛くて

寝るに寝られません

これが生まれ出る痛みなら耐えるのに

ただのヘルニアの痛みというから情けない

マジで痛え

腰はもういいからわかったから

助産師さんにいわれた体重を4キロもオーバーした私が悪いですすいませんでした

でもそろそろ腹が痛くなりたいのです
検診に行ってきました

ドゥンガはだいぶ下がってきているようで

助産院に行く道すがら腹が張ったりしてましたが

「生まれる!!」という痛みはありません


今日はNSTといって

ドゥンガの心音を計測して体調とか陣痛とかをみる機械を装着してみた

のですが

ドゥンガは20分間一度も起きることなく

熟睡してました


マ・イぺー・・・ス・・・だね・・・


予定日まであと4日と迫っていますが

生まれる気配は感じられません




... 続きを読む
2007.10.22
39週に入りました

母親が昨日来て

「汚い!信じられない!」といいながら掃除していきました

母は潔癖なので

死なない程度に生きるがモットーの私の清潔観念は

完全にアウトらしいです



実家の母が

産んでからおそらく1週間くらいは我が家に滞在する予定

なのですが


今日の感じで言うと

3日間が限界(私的に)


すぐ調子に乗って

昨日でさえ

来て早々

模様替えを指示されました(理由は母が気に入らない配置だから)

何故住んだこともない人にそんなことを急に言われにゃならんのか

と思い

断りました


他にも私をイラっとさせる行動があり



勝手に赤子服を購入してみたり(しかもすぐには着られないサイズ)

何故か自宅からお盆を数枚持ってきたり(必要になるかららしい)

などと

母は良かれと思って

むしろ悪いわけが無いくらいの勢いで

やっているようですが

そこに

(行動に移す前に)私の意志や判断を仰ぐというようなことは

一切なく



何度も

「とにかく今すぐ帰れ」

と言いそうになったことか・・・・(言えなかったけど)



頼ったり甘えたりするのも親孝行だと思うのですが

何故母の満足のために私が遠慮や我慢をしなければならないのか

ただですら

こっちはMAXにしんどい体で

人生に何度もない出産というイベントを控えて

一喜一憂してるのに



母を家に置いて

ハナさんの散歩をしに行ったとき

泣けてきました



ああホルモンが私を混乱させる

いつもならスルーできる出来事も

今はダメなり・・・




ドゥンガよ母は器が小さくて大人になれないことに

いまさらながら落ち込んでいるよ



しかも久しぶりにガンガン動いて

ヘルニアらしき痛みが再発してるよ・・・・

寝ても座ってもビリッとするよ・・・

陣痛じゃないってところがまた凹ませるよ・・・











最後の力を振り絞って

ベスト(カーディガン作るつもりが時間がなく断念)と

ゾウのガラガラのぬいぐるみを作りました

DSCN0997.jpg


DSCN0998.jpg


DSCN0999.jpg



ハナさんが寝起きだからこそなせる業です

おもちゃにされる前に

とっとと撤収しました
予定日まで10日をきった

相変わらずドゥンガは忘れた頃に

子宮の出口に向かって

TRYアンドTRYしてくれたりする


それがだいたい明け方


というわけで

昼寝がマジ寝になりつつあります







... 続きを読む
昨日は産婦人科の検診でした

これでOKが出れば自宅出産が可ということになります


結果は

無問題

でした


・子宮口はやわらかくなってきていていい陣痛がこれば上手に産めそう

・ドゥンガは骨盤内に下がってきていて予定日くらいに出てくるのでは


とのことでした

... 続きを読む
20071016191155.jpg


20071016191352.jpg


20071016191523.jpg


20071016191817.jpg


20071016191947.jpg


20071016192135.jpg

... 続きを読む
2007.10.15 テヘ☆
えーと

昨日の腹の痛みは

一過性のものだったみたいです


勘違いだったみたい☆テヘ☆



心配になったので

昔の教科書をひっぱり出して

「陣痛」のところを読みふけってみたところ

陣痛の前段階である前駆陣痛だったようです



朝方には寝付けたので

「本番はこんな感じでいくで~」と

ドゥンガのウォーミングアップだったみたい


昨日は昼間から腹に違和感があったので

もしや!!と思ったのですが・・・


焦らずとも

あと2週間もすれば

いつかどっかでドゥンガに会えるので

気長に待ちます



しかしあれ以上の痛みかぁ・・・







2007.10.15 腹痛し
たぶんおそらく十中八九気のせいだけど

腹が痛い

陣痛?

ドゥンガよ

早く生まれてけろって言ったよ

でも明日はお父さんは夜勤だし

正直なところ

お母さんは心の準備ができてません

前駆陣痛でありますように
2007.10.13
明日

山に行きませんかと誘われました


丁重にお断りしたのですが

「うまい棒」を食べたことがバレて

行くことになりました


だのでパンを焼きました

でもそれがメロンパンなのは

私が食べたいからなのです


体重計に最近乗ってないのは

怖いからなのです


ドゥンガは腹の中のスペースに限界を感じているらしく

わき腹とか骨盤ギリギリとか

ほぼ肋骨とか

そういうところを狙って手足を伸ばしてきます

そしたらどういうことになるかというと

私が痛いのです



ドゥンガが出てくるので

部屋をちゃんと作って

しばらくは出来ないであろう換気扇の掃除とか

ガスレンジの掃除とか

お風呂場のカビ取りとか

やらねば!!!!

と思うのですが

いかんせんやる気が出ません



という気持ちを旦那に吐露したら

「大変だね」

と共感されました







「手伝おうか」

の言葉をしばらく待ってみたのですが

「先に寝てもいい?おやすみ」

と言われました







そういう人と結婚しようと決めたのは私です

だから仕方ないのです


そんな人と犬と明日はハイキングです

2007.10.10
昨日は

寝ようと思ってから

ドゥンガがいいタイミングでかなりダイナミックな動きをしてくれたおかげで







ほぼ一睡も出来ませんでした


例えるならば

寄り添って寝ている人の寝相がすこぶる悪く

そして終わらない離れない

という感じでしょうか


寝ずに助産院に行き

8キロ歩いて帰ってきました




アンパンもミルクフランスもモンブランデニッシュも

五目おこわもマドレーヌも



歩きながら平らげてきました




帰ってきて

ハナさんとソファーでうたた寝(もしくはマジ寝)

ちょっと肌寒くなってきた今日この頃

ハナさんの暖かさはバファリンの優しさ以上の質をもっています



高校時代の友人が昨日無事出産しました

次は私かぁ

想像がつかないわ~

















2007.10.09 37週
今日も検診でした

ドゥンガの大きさは変わらず

私も特に変わったことはありませんでした



助産師さんに「お腹張る?」と聞かれ

「日に2~3回かもう少し多いくらいです」

と答えたら

「じゃ、まだまだだね」とのこと


最近は激しい胎動で眠れないこともあり

超音波でもまだ下がっている様子は無く

そして

超音波でドゥンガのお顔を拝見しようとしたのですが



微動だにせず

しれっと無視


というマイペースぶりを披露してくれました




明日はお産塾第2回目です

旦那は仕事なので一人で行ってきます




往復8キロ以上は歩くので

通り道の(すげーうまい)パン屋さんでパンを買ってもいいでしょうか

つーか何があろうとも

まさかの陣痛が来ようとも

あのアンパンだけは絶対食べてやる



決意が固まったので

うんこして寝ます
2007.10.06 寝れん
何故か何故か

寝つけません


旦那の寝つきの良さを隣で体感していると

憎たらしくなります


むかついたので

ちんこをがつっと握ってやったら

「んがーーーーーーー」といってそっぽを向きました


さあ明日はドゥンガの服を洗うぞいぞい!!

ドゥンガが出てくるまであともうすぐなので

初めての妊娠をここらで振り返ってみる

(完全に私の私的なメモです)
... 続きを読む
2007.10.05
今月から検診が週1回になりました

先回は「もういつ産んでもOKな人」の類のところに

私のカルテが収められました


ドゥンガは相変わらず腹の中で動いているし

生まれる気配は全くありません



それでも予定日までもう1ヶ月もないので

ドゥンガの服とかオムツとか水通ししなきゃなー

ドゥンガの布団を干さなきゃなー

とか思っているのですが

雨が降ったりで

未だできてません



助産院まで4キロちょっとの道のりを歩いて行ってます

行きはよいよい帰りは辛いです

助産院前にて
助産院前で


また助産院前で
助産院まえ2



朝起きると尋常ならざるくらい腰が痛いですが

これもあと1ヶ月の辛抱です



ドゥンガよ~

つるんと産まれてはくれないかね~

それともやはり母を悶絶させるのかね~
2週間ほど前に

食パンを作ったのですが

これがびっくりするほど失敗作で



リベンジ!!



ということで

今日作ってみたのですが

同じようにまた失敗しました



いろいろ調べてみると

どうやら「こね不足」らしい

食パンの生地は水分が少なく

かなりがんばってこねないといい塩梅にならず

いつも「こんくらいでいっか!」と妥協してたのが原因



まぁ食べるのは旦那と私だからいいけどね

サンドイッチの具は何にしようかね




牛乳かんてんも作ったのですが

それを旦那に伝えたら

「すごく食指をそそられない」と一蹴されました



おいしいフルーツソースがあるから

いいもんねーだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。