FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.18
どぅわっ! どぅわぁ~!

今宵もやって来~たよ!



名古屋の中心で踊るよ~

誰も知らない曲で踊るよ~

Bメロまで踊るよ~


さぁ始まりました

協調性の塊

顔色うかがわせたら日本で5本の指に入る

子持ちになったもっち!でーす


現在も授乳しながらお送りしているわけですが

手のひら大まで大きくなった乳輪とその漆黒のような色

を拝見するたびに


ちゃんと戻るの?ねえ戻るの?


と思わずにはいられません



ぎゃぁーーー!黒乳首って言わないで!!!

想像したそこのBOY!

遠くから蛾を見たら目に見えるじゃん?

私も限りなくそれに近いよ~




さてさて

最近もっちはミクシィなるものを始めたんですが

いつの間にか「島崎俊郎」のコミュニティーに入ってました~

入った記憶ないのに~

無意識の自分が恐ろしいよ~

「アダモちゃん」じゃなくて「島崎俊郎」ってところがミソ!!



もっちの近況はこんなカンジ!

みんなはDO?


わかったわかった~

じゃあ今宵も質問に答えていこうNE!




では最初の質問

きなこさんからいただきました


こんにちは!DJ・もっち♪
早速ですが質問です♪
カワイイ楓chanがご誕生されましたが、
今後楓chanとどんなことをしたいと考えていますか?
例えば『こんなところに連れて行きたい』とか『こんな洋服を着せたい』とか・・。
最終的には『地球神・ドゥンガ』になられるとは思いますが、もしよかったら教えてください♪



これに答えて生きたいと思います! 
昨年の10月末に愛娘が生まれまして

毎日夫婦で舐めまわしています


その甲斐あってかすくすくと育っています


生む前までは

「子どもが苦手なあたいに子どもが愛せるかしらん」

と薄っすら思ってましたが


生まれたら何のこともなく

楓LOVE!一色に染まりまして

毎日濃密な時間を過ごしております


顔つかまれ(特に口)髪つかまれに対しては

菩薩のようにそれを受け入れ

泣きに対しては乳首を口にねじ込むことで

奇声に対しては奇声で

そんな毎日でございます


いつも「楓嬢」と呼んでいるので

以下「楓嬢」とします



楓嬢が生まれまして2ヶ月後

名古屋の都会のほうに引っ越してきまして

見渡す限りコンクリートジャングルです


歩いて30分くらいで川がありますので

そこを越えたら畑くらいはあるのですが

土があるところは公園くらいしかないのです


今思うのは

野菜とかそういうのが土があってできるということを

楓嬢は体感することはできるのかしらと


家に帰って

ゲームとかやってたらたぶん叱ります

「子どもたるもの己で遊びを考えよ!!!!」

外に出たら出たで

公園でDSとかやってようもんなら

「にゃぁーーーーーーーーーーー!!!」と奇声を発し追いかけます


服も靴も泥だらけになって

「ただいまー!おなかすいたー!」って帰ってきて欲しいのです

こんなところに勝手に越してきてこんなこと言ってるなんて

楓嬢にとったら理不尽きわまりないと思います

だけど





だので

なるたけ自然には触れさせたいです

海も山もたくさん連れて行きたい

せっかく楓という自然を感じる名前をつけたのだから



洋服とかは

あまり気にしませんが

キャラクターものは基本私は買わないです

うちの孫バカのオカンが買ってくる可能性があるので

着ていることはあるとは思います


最近やっとまたミシンに手を出し始めたので

私も小さい頃はよく服を作ってもらったので

服を作ろうかと思います

花柄~~




あとは何よりも

ハナさんと早く交流ができるようになって欲しいです

今のところ

ハナさんは基本的に「楓嬢を舐めたい」らしく

毛をひきちぎられても

楓嬢のことを舐めようとしてます

それは楓嬢のことを仲間としてみてくれているということなのかな?と

甘い期待を抱いております



子どもが出来る前は

「習い事」とかどういう風に呼んでもらうかとか

そういうことよく考えてましたが

いざ産まれてみると

目の前の子のことばかり考えて

首がすわっただの寝返りするのかだの

オムツ換えなきゃとかそんなことばかり



ただひとつぼんやりと思うことは

楓嬢が結婚するときには

楓嬢の生まれた時のビデオを結婚相手と一緒に見たいなぁと思います

あと成人式には助産師さんからもらった

「あなたがうまれたとき」

という記入式の絵本も贈呈したいです

以下

私が記入した

「ママからあなたへ」のページ





かえでさん、あなたは平成19年10月26日に
みんなに見守られて生まれてきました。
あなたが元気に産声をあげたとき、みんなうれしくて泣きました。

その日から私は「お母さん」になりました。

あなたはよくおっぱいを飲み、よく泣き、よく寝ます。
正直言うと、あなたが生まれてきた日から毎日が大変です。
とまどうこともあるけれど、でもやっぱりお母さんは幸せです。

ただ、あなたがいてくれること、それがお母さんの幸せです。
それもって笑ってくれたら、もっと幸せです。

今これを読んでいるあなたは幸せですか?


もしかしてそうじゃなかったり、これから先そう思うことがあるかもしれない。

お母さんもあなたがお腹に宿る前、結婚する前なんかは
そう思うことがよくありました。

自分ではどうにもならないことが、生きているとあります。そうすると
深く深く自分の中に入っていって、にっちもさっちもいかない気持ちになることもあります。
自分は誰からも愛されていないじゃないかとか
世界中でたったひとりだ、とかね。
でも大丈夫です。

お父さんに出会って、お母さんはすごく気持ちが救われました。
そうしたら、今までにあった「自分にとって不幸なこと」すら
今の自分を形成する大切な出来事だと思えるようになりました。

ありのままを受け入れられた。
だからお母さんはお父さんのことが好きです。

かえでも、そんな人に出会って欲しいなぁ。出会えるといいなぁと思います。

でも一番はやはり健やかに育ってほしい。

お母さんよりも先の未来を
その目でたくさん見ていってください。

お父さん、お母さんのことを選んでくれてありがとう。




つたない文章ですが

楓嬢が産まれて1ヶ月のころ書きました

喜ぼうと何しようと渡してやる!

THE親のエゴです





以上が質問の答えとなります

次回もお楽しみに~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hananndo.blog71.fc2.com/tb.php/348-fabc195f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。